TACOMA FUJI RECORDS / TACOMA FUJI RECORDS LOGO CAP ‘22 burgundy
22AW-TACOMA-09

7,150円(税650円)

 BURGUNDY
FREE
COLOR
SIZE

説明不要 タコマフジ レコード アイコンのロゴをシンプルにキャップに落とし込んだ新作キャップ。
アートワークは五木田智央氏によるもの。
ポリエステル バーガンディ ボディ で登場。

Designed by Tomoo Gokita 五木田智央
1969年東京生まれ、同地を拠点に活動。90年代後半に鉛筆、木炭やインクで紙に描いたドローイング作品で注目を集め、2000年作品集『ランジェリー・レスリング』を出版。
ニューヨークでの展覧会を皮切りに、国内外で多数の個展を開催。
2012年にDIC川村記念美術館「抽象と形態:何処までも顕れないもの」展に参加し、2014年に同美術館にて個展「THE GREAT CIRCUS」を開催。
近年の個展に「PEEKABOO」東京オペラシティ アートギャラリー(2018年)、「Get Down」ダラス・コンテンポラリー(2021年)などがある。
主な作品集、カタログに『777』『PEEKABOO』888ブックス刊、『Holy Cow』『MOO』タカ・イシイギャラリー刊など。


ポリエステル100%
ベルト部分牛革




TACOMA FUJI RECORDSは、良質な音楽の紹介を目的としたレーベルです。
が、その実態はクリエイターがデザインやディスコグラフィーまでもを創造した「実在しない音楽」のマーチャンダイズをプロダクト化するレーベルです。

なので当然音楽が売っていません。

ですが、その一方ではレーベルの趣旨とは関係なく実在する国内外のグラフィック・デザイナーやアーティストのTシャツを突然リリースしたり、実在するミュージシャンのグッズの企画、製造、プロデュース等も行っています。